【オメガバースBL】アンチモラル・オメガバースのあらすじ&見どころ

オメガバースBL・アンチモラル・オメガバース オメガバースBL
オメガバースBL さち

さち先生・「アンチモラル・オメガバース」のあらすじ&見どころ!  

こんなオメガバースBLが好きな方におすすめ

・絵がキレイ

・禁断の兄弟カップル

・あまあま蜜月

・本番シーンが濃厚で刺激的

    

年下攻め(α)×年上受け(Ω)×禁断の兄弟カップルによる、あまあま蜜月・オメガバースBL本です。

「アンチモラル・オメガバース」のあらすじや登場人物、見どころについてご紹介します。

    

            

Sponsored Links

「アンチモラル・オメガバース」のあらすじ!

それは、神様の悪戯としか思えない偶然だった。

母の再婚相手とその連れ子に会うために、母に連れられてやってきた幼い頃の恵(けい)は

相手の連れ子の光希に会った瞬間、光希が運命の番であることを理解する。

時は経ち、恵は大学生に、光希は高校生になっていたが、

恵は事実を隠し、兄としてふるまっていた。

恵のヒート中(発情期)の匂いにうっすらと気づきながらも、バース性に目覚めていない光希は、恵の体調不良の原因に気づかなかった。

しかし思春期を迎えた光希は、とうとうアルファ(α)性の本能が目覚めてしまう。

そして運命の番の血に引きずられるように、恵のヒートは激しさを増していく。

両親不在で2人きりという環境は、本能に目覚めた二人を、禁断の兄弟愛へと突き進ませていく。

しかしそんな蜜月は、両親の帰宅により一変してしまう。

両想いとなった2人の運命の行方は・・・

       

Sponsored Links

「アンチモラル・オメガバース」の登場人物

「アンチモラル・オメガバース」に登場するキャラのプロフィールをご紹介。

二羽光希(にわ こうき)

【攻め・アルファ(α)

明るく人気者で、所属している弓道部でもエース的存在。

義理の兄の恵を慕っており、気にかけている。

恵の性別をベータ(β)だと長年信じていたが、ある日、恵のヒートを目撃してしまう。

思わず恵を押し倒してしまい、その場は未遂で終わるが、再び恵のヒートを目の当たりにした時に

恵が運命の相手であったこと、そして、恵をずっと好きだったことを自覚する。

      

二羽恵(にわ けい)

【受け・オメガ(Ω)

オメガ(Ω)であることから、幼い頃より実の母親に疎まれていた。

非常に綺麗な顔をしている。

母親から「恵なんてどうでもいい。将来のある光希くんが心配」と言われ続けたことで、自分を抑え込む大人しい性格になった。

義理の弟の光希が運命の番であることを悟りながらも、ずっと光希への思いを押し殺して生きてきた。

     

二羽光希の父親(二羽恵の義理父)

優しく穏やかな人柄で、息子の光希だけでなく、血のつながりのない恵の事もいつも気にかけている。

現在は仕事の都合で、妻と共に違う場所で暮らしている。

            

二羽恵の母親(二羽光希の義理母)

オメガである息子の恵を、いつも「ダメな子」だと見下げている。

その一方で、アルファである光希の事をいつも恵と比較して褒めそやす。

        

Sponsored Links

アンチモラル・オメガバースの見どころ!

※星は、最大で5つ。管理人が独自に評価。

■絵のキレイさ:★★★★☆

■攻めのビジュアル:★★★☆☆

■受けのビジュアル:★★★★★

■本番シーン濃厚度:★★★★★

■ストーリー性:★★★★☆

■せつない度:★★★★☆

    

義理とはいえ、兄弟の禁断愛ということで題材はシリアスめですが、

2人の関係が両親にばれてしまってからの展開が、やや急な印象。

ハッピーエンドではあるものの、もう少し掘り下げて欲しかったなあというところはありますが、

この話の見どころは、受けの美しさと、なんといってもラブシーンの濃度と頻度!

えっこんなところでも?!という場所でも致してしまいます。

BL初心者の方には、少し刺激が強いかも?!ですが、エロ要素多めのBLを求める方にはオススメの作品です。

    

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました