【オメガバースBL】幕が下りたら僕らは番・あらすじ&見どころ

オメガバースBL・幕が下りたら僕らは番 オメガバースBL
オメガバースBL ざらめ鮫

 

ざらめ鮫先生「幕が下りたら僕らは番」のあらすじ&見どころ!  

こんなオメガバースBLが好きな方におすすめ

・画力がピカイチ

・超美形の攻め&受けカップル

・芸能人カップル系

・ストーリー重視

・本番シーンが濃厚

          

ビジュアル最強の攻め(α)×受け(Ω)×芸能人カップルのオメガバースBL本です。

「幕が下りたら僕らは番」のあらすじや登場人物、見どころについてご紹介します。

    

BL漫画を読むのに、こんなお悩みはありませんか?

↓↓↓↓↓↓

「BL漫画を、家で保管するのに抵抗が・・」

「漫画本、かさばるのが嫌」

「新刊を、いち早くどこでもすぐに読みたい」

「書店よりちょっとでも安く買いたい」

↓↓↓↓↓↓

電子書籍ならすべて解決!

★初回利用で最大6回分50%オフのクーポン

★PayPayと連携でボーナスポイント付与

★Yahoo!プレミア会員なら毎週末15%オフ

など他にもオトクなプラン盛り沢山。

    

\限定描き下ろしが読めるのは電子書籍版だけ!/

     

            

Sponsored Links

「幕が下りたら僕らは番」のあらすじ!

蜂谷密生は、オメガ(Ω)であることを隠してトップアイドルとして活動していた。

ある時、体調にわずかな違和感を持ちながら後輩アイドルの舞台を見に来た密生は、かねてから苦手意識を持っていた人気アイドル・瀬兎真啓(α)と偶然出会う。

そんな中、出演予定のアイドルのひとりが発情したと騒ぎになり、真啓と密生は急遽つなぎ出演することに。

だが密生はパフォーマンス中に人生初の発情を迎えてしまい、観客には隠せたものの、Ωであることが真啓にバレてしまう。

ヒートにあてられた真啓に抱かれる密生だったが、真啓は、仕事に支障がでるだろうと密生を気遣い、密生に「番になる」ことを提案する(※)。

 ※発情中のΩのうなじをαが噛むと番関係となり、Ωの発情は安定する

そして利害目的の番となった2人だったが、つなぎ出演した一件が話題になり、2人はユニットを組むことになる。

その上事務所社長の勝手な計らいで、真啓と密生は同居することに!

利害から始まった番関係、2人の恋の行方は・・・?

    

\限定描き下ろしが読めるのは電子書籍版だけ!/

       

Sponsored Links

「幕が下りたら僕らは番」の登場人物

「幕が下りたら僕らは番」に登場するキャラのプロフィールをご紹介。

蜂谷密生(はちや みつき)

生年月日:12月23日

年齢:20歳

身長:177㎝

血液型:A型

特徴:身体が超柔らかい。ストイック。

【受け・オメガ(Ω)

芸能人の両親の元に生まれ、子役から活躍している。

最年少での主演賞受賞歴があるが、現在は音楽活動に専念している。

バース性がΩであることを隠して芸能活動しており、母親が自分のために立ち上げた芸能事務所に所属。

Ωである引け目から自己肯定感が低く、トップアイドルでなければ自分には存在価値がないと考えている。

生真面目でストイックゆえ、ゆるく適当にやり過ごすことができない。

真啓を、初めは仕事のために関係を持った番としか見ていなかったが、次第に真啓のまっすぐな優しさに心惹かれていくようになる。

        

瀬兎真啓(せと まひろ)

生年月日:2月19日

年齢:19再

身長:182㎝

血液型:AB型

特徴:いろいろ緩い。まつ毛が超長い。

【攻め・アルファ(α)

デビューは4年前と芸歴は浅いが、今や密生に次いで人気を誇るトップアイドル。

明るく人懐っこい性格で、勘が良く取りも早い。

現役大学生でもあり、学業と芸能活動を両立している。

家事全般が破滅的にできず、上京後はカップ麺で食いつないできた。

年下ながら密生を公私ともに気遣い、心の支えとなっている。

友人に連れられて行ったコンサートで密生を見てアイドルになることを決めたという過去があり、以来憧れと好意をずっと抱いてきた。      

     

宮下さん

密生のマネージャー。

頑張りすぎる密生をいつも心配している。

         

密生の両親

芸能活動をしており、ともにバース性はアルファ(α)。

オメガである息子の密生を気遣い、あらゆる面で芸能活動のサポートをしている。

(父親は絵のカットのみでほとんど登場なしのため以下割愛)

密生の母親

密生がオメガであることが判明すると、密生を公私ともにサポートするために個人事務所を立ち上げ、社長となる。

           

Sponsored Links

「幕が下りたら僕らは番」の見どころ!

(星は、最大で5つ)

■攻め・受けのビジュアル:★★★★★

■攻めの包容力:★★★★★

■ストーリー性:★★★★★

■本番シーン濃厚度:★★★★★

    

トップアイドル同士のΩとαが、仕事のために番関係を結ぶところから始まる本作。

受け(Ω)の密生はとっても真面目な子。

オメガである自分の存在価値に懐疑的で自己肯定感が低く、「トップアイドルじゃなくなったら自分の価値はなくなる」という考えが常に根底にあります。

オメガであるのを理由に甘えたくないというストイックな思いから、努力を怠りません。

そして周りの迷惑にならないかを一番に考え、自分は後回しでいつも頑張りすぎてしまう。

そんな危ういところのある密生を、両親やマネージャーは心配しています。

しかし人生初の発情を迎えてしまってストイックさだけではどうにもならなくなり、密生はどんどん自信をなくしていきます。

そんな密生に寄り添ったのが、攻めの真啓。

「仕事のために番になっただけだから」と壁をつくる密生に怖気づくことなく、生来の明るさで気遣い、密生の心を少しずつ解きほぐしていくのです。

    

密生が自信をなくし、自分のオメガ性を受け入れて自信を取り戻すまでの心理描写も丹念に描かれていて、絵だけでなく物語も丁寧で読み応えのある本作品。

絵も内容も充実の「番になってラブラブハッピーエンド」の王道で終わらないドラマチックなオメガバースBL本を読みたい!という方にオススメの作品です^^

     

\限定描き下ろしが読めるのは電子書籍版だけ!/

   

芸能人カップル系」の話が好きならこちらもオススメ

僕の番はサラブレッドΩ」→2世芸能人同士のカップリング

番手当って出ますか?」→超有名アーティスト×マネージャーのカップリング

     

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました